プログラム(2日目)

■ テーマ:技術者・研究者から見たSDN/OpenFlow (12月7日)

時間 タイトル スピーカー
9:30 (基調講演1)
Managed SDNを目指して JGN-Xの挑戦
NICT
テストベッド研究開発推進センター センター長 下條真司様
10:00 (基調講演2)
サービス開発はソフトウェア開発の挫折と革新から何を学べるか
奈良先端科学技術大学院大学
情報科学研究科 准教授 門林雄基様
10:30 休憩
10:40 パネルディカッション

テーマ:技術者から見たSDNとその実現技術
(パネリスト)
石黒邦宏 ストラトスフィア
進藤資訓 ヴイエムウェア
小宮崇博 ブロケード
浅間正和 銀座堂
河合栄治 NICT
河野美也 Cisco
ダン・ミハイ・ドミトリウ(通訳:田村芳明) ミドクラ
(モデレーター)
三木泉 アイティメディア
12:40 休憩
13:40 OpenFlow技術を用いた消費電力削減のためのフロー最適化手法の一提案 津田徹
奈良先端科学技術大学情報科学研究科
14:10 FPGAを使ってOpen vSwitchのデータプレーンを作る 空閑洋平
慶應義塾大学
14:40 QN-GENの拡張機能開発における形式手法の適用事例 三善浩司
九州大学大学院システム情報科学府
15:10 休憩
15:20 SDNがもたらすベネフィットを考える 福田一郎
NTT-MCL
15:50 SDNの実運用を前提にした場合の運用管理技術の課題 林 經正
ボスコ・テクノロジーズ
16:20 休憩
16:30 Openflow/SDNにおけるNTTデータの最近の取り組み 磯部俊洋
NTTデータ
17:00 OpenFlowを用いたファブリック製品の実装例とクラウドマネージャの連携について 宮永直樹
日本電気
17:30 クロージング

Comments are closed.