Top > 展示

展示概要

layout_s.jpg

dotline.gif

dotline.gif

           
    
   アライドテレシス株式会社
    
      アライドテレシス株式会社     
    
アライドテレシスでは多くの企業に幅広いネットワーク機器ラインナップをご提案、ご導入いただいております。今回のSDN Japanでは、企業ユーザの要望を満たす、下記2つのソリューションをご紹介いたします。
1. 企業で利用されるITデバイスのアクセス管理をシンプルかつ管理工数を削減可能とするソリューション。
2.ノートPCやスマートフォン、タブレットのような持ち込みモバイルデバイスに対するセキュリティソリューション。

dotline.gif

           
    
   PluribusNetworks, Inc/日商エレクトロニクス株式会社
         
DCやポータルを運営する方々を中心に、急激に増大するインフラを、同じ人数で、如何に「コストを安く」、「スピーディー」に運営するかが求められる中、課題解決策として期待されているWhiteboxやSDNを用いた「コンピュートとネットワークの融合」は、その期待とは裏腹に、実用上のギャップ(利用者要件と実運用間の障壁)を抱えています。
本課題を持つ方々に、Pluribus Freedomプラットフォームが持つプログラマブルなFlow制御、Analytics、Single Management等を通じ、課題解決ができるソリューションをご提案いたします。

dotline.gif

           
    
   O3 Project
    
      O3 project     
    
O3(オースリー)プロジェクトは、広域ネットワークのSDN化を実現する世界初の研究開発です。
マルチレイヤ、マルチドメインのネットワークとその制御を、オブジェクト指向モデルで抽象化・フレームワーク化し、ラピッドなオーケーストレーション設計環境を提供します。
今回の展示では、オープンソース公開を行ったソフトウェアスイッチ "Lagopus"を体感頂き、ホワイエセミナーでは、近日公開予定のSDNオブジェクト指向フレームワーク "O3 orchestrator suite"を紹介します。

O3プロジェクトメンバー:日本電気株式会社、日本電信電話株式会社、 NTTコミュニケーションズ株式会社、
富士通株式会社、株式会社日立製作所

dotline.gif

           
    
   株式会社ストラトスフィア
    
      株式会社ストラトスフィア     
    
ストラトスフィアでは、ユーザが抱える課題をSDN技術で解決するためのソフトウェア製品群を開発しています。現在は、特にエンタープライズ領域にフォーカスしております。例えば、オフィス拠点側およびデータセンタ側それぞれに我々のSDN製品を導入し、それらを連携させることによって、ディザスタリカバリ対応の構成を容易にとることができます。
幾つかのネットワーク機器ベンダ様ともパートナー関係を構築し、共にこの領域での展開を行っております。今回はそれら取り組みの幾つかの例をご紹介致します。

dotline.gif

       
   
    
   ミドクラジャパン株式会社
    
      ミドクラジャパン株式会社     
    
OpenStackのネットワーク仮想化に最適な「MidoNet」について、分散LBaaSやRHEL7、Juno対応といった最新情報やユーザー事例を展示します。

dotline.gif

           
    
   富士通株式会社
    
      富士通株式会社
    
    
富士通の広域ネットワークに対するSDNの取り組みについて展示いたします。
1.「Virtuora」シリーズ
サービスごとに仮想ネットワークのオンデマンド提供を実現する事により、サービスの創造や普及拡大を推進し、広域ネットワークの事業コスト削減を可能とする、広域ネットワーク向けの製品です。運用イメージ・製品の特長をご紹介します。
2. SDN光トランスポートネットワーク(参考出展)
通信キャリアのコアネットワークにおいて、動的に変化するパケットトラフィックに対応し、サービス/アプリケーションごとに最適な通信経路をソフトウェア定義によりオンデマンドで提供する事を可能とする、SDNパケット光統合制御技術をご紹介します。

dotline.gif

           
    
   ジュニパーネットワークス株式会社
         
業界初のWANを分析・最適化・設定する「NorthStarコントローラ」と、NFV向けのサービスコントロールゲートウェイ(SCG)をデモンストレーションでご紹介いたします。
「NorthStarコントローラ」は、Junosのキャリア級ピアリング機能とWANDLの実績あるマルチレイヤー最適化技術を組み合わせた業界初のWANコントローラです。SCGデモでは、仮想または物理ネットワークサービスの動的なサービスチェイニングを実現する「Contrail」のデモをはじめ、より迅速なサービスの拡大と縮小、ネットワークでホストされるサービスをいかに実現できるかをわかりやすくご紹介いたします。

dotline.gif

           
    
   6WIND
    
6WINDは通信事業者、エンタープライズ及びクラウドインフラ市場において通信機器ベンダーのパフォーマンスへの挑戦を解決します。
6WINDGateは、様々な通信・セキュリティプロトコルや機能を提供する為にリナックスや各種マルチコアプロセッサ向けに最適化されており、マルチコアアーキテクチャにおけるデータプレーンのパフォーマス課題を解決する事により、通信機器ベンダーや通信事業者に対してコスト効率の良いバリュープロポジションの提供や、NFVの様な将来の仮想化されたインフラ環境への移行を可能に致します。

dotline.gif

           
    
   NTTコミュニケーションズ株式会社
    
      NTTコミュニケーションズ株式会社     
    
これまでNTTコミュニケーションズでは、SDNを商用サービスに導入するなど、積極的にSDNを導入してきました。現在はSDNの取り組みの一つとして、基盤網における伝送レイヤのSDN化をTransport SDNとして検討しています。
展示ブースでは、通信事業者としての視点で検討してきたTransport SDNのユースケースに対して、実機を用いたプロトタイプを実装し、ユースケースの実現性を評価してきた取り組みをデモでご紹介します。

dotline.gif

           
    
   一般社団法人 沖縄オープンラボラトリ
         
沖縄オープンラボではSDNとクラウド(OpenStack)の融合した領域にフォーカスを当て、先行技術の開発検証、ユースケースのPOCなどを行っています。本ブースではこれらの活動のベースとなるテストベッドと、そのうえで動くユースケースとしてサービスチェイニングのデモを展示します。テストベッドはOpenFlowスイッチをパッチとして用いてベアメタルでサーバとスイッチを自由に構成できます。サービスチェイニングでは、複数のオーケストレータとVNFから選択をしてチェインを構成するシナリオを、沖縄とつないでお見せします。

dotline.gif

         
    
   長瀬産業株式会社
    
      長瀬産業株式会社     
    
"AXONERVE" Algorithmic Search Engine技術のご紹介
長瀬産業ブースでは、開発中であるAxonerve/Algorithmic Search Engine[半導体・FPGA用設計IP]のTCAMネットワーク適用例として、【SDN/OpenFlow Packet Filtering System】の動展示を行う予定です。
デモ:SDN/OpenFlowネットワーク環境下におけるAxonerveシステム評価デモ
構成:Packet Generator ⇔ AXONERVE IP搭載NIC
・Packet Generator:SDN/OpenFlow Packet 送信、モニタリング
・NIC:AXONERVE IPによるPacket Filtering

dotline.gif

           
    
   ヴイアーマーネットワークス合同会社
         
vArmourブースでは、物理環境・仮想化環境・クラウド環境を問わず、脅威の侵入や脅威の水平方向への拡散から企業やサービスプロバイダを保護し、データセンターのセキュリティに関する課題を解決するためのソリューションをご紹介いたします。

dotline.gif

株式会社日立製作所
日立ブースでは、SDN/クラウド関連の最新のソリューションをデモンストレーションを交えて紹介します。
1.統合システム運用管理JP1とVMware vCenter Operations Managementによる仮想ネットワークに対する隙のない運用管理のご提案
2.vArmour Networksの仮想分散ファイヤウォールを用いて、点在するデータに対する新しいセキュリティドメイン定義方法のご提案

dotline.gif

           
    
   KDDI株式会社
    
      KDDI株式会社     
    
KDDIブースでは、SDN技術を活用した新しい広域ネットワークサービスである「KDDI Wide Area Virtual Switch 2」(WVS2)を展示します。
WVS2は、クラウドを安心・安全かつ便利にご利用いただけるよう、セキュリティ機能やインターネット接続帯域をお客さまが自由に設定できる機能を備えた次世代の広域ネットワークサービスです。今回の展示では、カスタマーコントローラを用いたオンデマンド契約変更や各セキュリティの設定のデモンストレーションを実施します。

dotline.gif

           
    
   日商エレクトロニクス株式会社
    
      日商エレクトロニクス株式会社     
    
データセンター事業者の皆様は、事業拡大の絶好の機会をむかえております。
企業にとってクラウドサービス利用が当たり前になった今、イニシャルのコストや手軽さからパブリッククラウドサービスが多く使用されています。しかし、増加する使用量によるコスト増やデータ内容により、改めて自社でのオンプレ化やハイブリッド化の検討がはじまっております。企業インフラに柔軟性が求められる将来、データセンター事業者の皆様がいかにして自社競争力を高め、これらの企業を獲得し事業拡大を行うことができるかをOpen Stackと連携しJuniper、Brocade、Pluribusなどを活用したインフラ整備による運用効率化、新規サービス提供による収益化の観点にてご紹介します。変更する仕組みと融合させ、最適な通信経路を選択するデモンストレーションを行います。

dotline.gif

           
    
   ブロケード コミュニケーションズ システムズ株式会社
    
今すぐの課題から、10年後の未来まで―。データセンターのネットワークなら、業界No.2のブロケードでしょ?
-サーバ仮想化に連動したネットワークで運用効率化。その極意とは?
-え、そうなんですか?性能に差がつくストレージと仮想化とネットワークの意外な関係
-SDDC時代へ。"超オープン"ネットワークのススメ
※関連キーワード: NSX、ストレージ、OpenStack、自動化、SDN

dotline.gif

           
    
   A10 ネットワークス株式会社
    
      A10 ネットワークス株式会社     
    
クラウドへの移行が加速する一方、従来のデータセンターは静的で柔軟性に欠け、ネットワークのプロビジョニングは手作業で行われているのが現状です。A10ブースでは、プロビジョニングの自動化によりIaaS事業者のビジネスの俊敏性向上と運用コスト削減を実現することのできる「aCloudサービスアーキテクチャー」をご紹介します。
・SDN/クラウドプラットフォームとの連携によるADC(アプリケーションデリバリーコントローラー)の運用・管理統合
・仮想ADCの従量課金モデルによるサブスクリプションサービス提供

dotline.gif

            
    
   シトリックス・システムズ・ジャパン株式会社
         
SDNにおいて最も重要なことは、単にネットワークを仮想・自動化することではなく、SDN技術により柔軟なインフラを実現したネットワーク上で、ユーザからのアプリケーションアクセスを確実に提供することです。
その一つの解として、Citrixブースでは、Citrix CloudPlatformを含む代表的なクラウドオーケストレータとNetScaler製品との連携により実現されるソリューションや、Citrix Xenハイパーバイザーを搭載したNetScaler SDXシリーズについて、御紹介をいたします。

dotline.gif

           
    
   ニュアージュ・ネットワークス
    
      ニュアージュ・ネットワークス     
    
アルカテル・ルーセントがシリコンバレーに設立した新規ベンチャーであり、 SDNソリューションの開発を専門とするNuage Networksの Virtualized Services Platform (VSP) をプレゼンテーションセッション及びブースでのデモにてご紹介いたします。
VSPは、クラウド・サービスプロバイダ、Webスケール事業者、企業ユーザが堅牢で拡張性の高いネットワーク・インフラを構築することを可能にします。VSPにより、安全で柔軟なコンピュート/ストレージ/ネットワーキング・リソースの仮想化スライスを何千ものテナントやユーザグループに瞬時に提供できます。

dotline.gif

           
    
   日本シエナコミュニケーションズ株式会社
         
Cienaは通信事業者向けに光・パケットレイヤを統合したオープンなSDNソリューションを提供します。
OpenDayLightベースのオープンなマルチレイヤSDNコントローラーと、その上で動くSDNアプリケーションを提供し、光伝送、回線交換、パケットスイッチを含むマルチベンダー統合ネットワークインフラを構築可能にします。さらに、SDNコントローラー及びSDNアプリケーションからオープンなAPIを提供することで、BoD、クラウドオートメーションなどの上位アプリケーションとの連携を実現します。

dotline.gif

           
    
   シスコシステムズ合同会社
    
      シスコシステムズ合同会社     
    
シスコシステムズは、データセンターから企業ネットワークまで、様々な要件に対応するべく幅広いラインナップでSDNに対応していきます。
今回のSDN-Japanでは、それらの中から以下の内容を中心にデモおよびご説明致します。

1.) データセンターをアプリケーションの視点から再定義するACI (Application Centric Infrastructure)モデルに基づいたAPIC(Application Policy Infrastructure Controller)および関連ソリューション
2.) 企業向けSDNポリシーコントローラとして2015年提供予定のAPICエンタープライズモジュール(APIC-EM)
3.) シスコネットワーク機器でサポートされたオープンな開発環境であるonePKとカスタムアプリケーション例

dotline.gif

           
    
   マクニカネットワークス株式会社
    
      マクニカネットワークス株式会社     
    
本ブースでは、PLUMgrid、Splunk、Nutanixの3製品をご紹介します。
PLUMgridは、ユーザが拡張性、パフォーマンス、セキュリティを懸念することなく、OpenStack対応のクラウドを簡単に構築できるSDNソフトウェアで、今回は新たに追加されたセキュリティ機能をご紹介します。
Splunkはマシンデータ分析プラットフォームで、OpenStackの障害対応に必要な情報を相関調査・監視する運用監視ソリューションをデモを交えてご紹介します。
また、最新仮想化基盤アプライアンスNutanixにおいては、複雑なSANの設計を必要とせず、短期間に環境構築が可能な、拡張性と高パフォーマンスを実現するSDIをご紹介します。