本サイトは、お使いの端末に最適化されていません。
最新端末でのご利用を推奨いたします。

ONIC Japan 2017

October 20, 2017 Fujiwara Hiroshi Hall, Yokohama

NEWS

資料公開

お待たせしました。
資料公開が始まりました。
公開可能な資料は随時UPしていきますのでプログラムページでご確認ください。

無事に閉幕いたしました。

ONIC Japan 2017は無事閉幕いたしました。
足元の悪い中、ご参加いただき誠にありがとうございました。
参加者の皆様、お疲れ様でした。

参加登録開始

今年もいよいよONIC Japanの季節となり、登録が始まりました。
下記URLサイトからの登録お申込みとなります。
http://eventregist.com/e/onicjapan2017

ONIC Japanでは、情報共有とオープンでフラットな議論の場を提供してまいりました。今年は基調講演として株式会社NTTPCコミュニケーションズ田中 基夫氏、特別講演には東京大学大学院 関谷 勇司 准教授をお招きし貴重な講演が盛りだくさんとなっております。プログラムは内容につきましては随時公開してまいります。皆様のご参加をお待ちしております。

協賛のお願い

ONIC Japan2017の開催にあたり活発な議論ができるよう、企業様・団体様からの協賛を募集しております。
趣旨にご賛同頂ける企業様・団体様は以下のURLより協賛案内をご覧いただければ幸いです。
http://www.e-side.co.jp/files/onic/ONICJapan2017.zip

不明な点ございましたら事務局までお気軽にお問い合わせください。
【連絡先】
ONIC Japan 運営事務局
onicjapan-office[アット]e-side.co.jp

開催趣旨文

Open NetworkIng Japan (ONIC Japan)は、前身のSDN Japan も含めて、今回で6回目の開催となります。これまでの開催を支えていただきました協賛企業様、講演者様、ならびに、ご参加いただきました皆様に深く御礼を申し上げます。

前身のSDN Japan 立ち上げ時の実行委員会の目的意識は、「組織を超えた、SDN (Software Defined Networking) に関するフラットな議論の場の提供」にありました。ONIC Japan もこの目的意識を引き継ぎ、対象とする範囲をSDN以外にも広げた「ネットワーク全般に関連するオープンな技術について議論する場の提供」を目指しております。

ONIC Japanが対象とするオープンな技術とは、インターネットを介して仕様や実装が公開され、だれもが手に入れることが可能なものを指します。特に注目しているものは、OpenVswitch、Lagopus、Ryu、Trema、GoBGP、OpenDayLight、OpenContrail、ONOS/CORD、ONAP (Open Network Automation Platform) 等です。また、OpenROADM MSA、OCPやTIP (Telecom Infra Project) 等、これまでオープンではなかった関連技術でも、仕様やアーキテクチャを公開し、既存のビジネスモデルからの脱却を狙う活動も目立ってきております。

ONIC Japan実行委員会では、今後はネットワークサービスの企画・設計・構築・提供・運用管理等のあらゆる面で、これらのオープンな技術のインテグレーションが重要になると予測しております。しかし数多くのオープンな技術を組み合わせたインテグレーションには、単純な情報共有だけではなく、組織を超えた深い議論が必須です。そのような議論には、ユースケースやベストプラクティスの共有だけではなく、技術の実装方法の細部やその背景にも踏み込んだ深い議論も求められると考えます。

ONIC Japan では、このような情報共有と議論の場を提供してまいります。
このオープンでフラットな議論の「場」に、何卒ご協力、ご参加いただければ幸いです。

ONIC Japan 2017 実行委員会

ONIC Japan2017 開催

Open NetworkIng Conference Japan (ONIC Japan) 2017を2017年10月20日に開催いたします。

■ 日程:10月20日(金)
■ 場所:慶應義塾日吉キャンパス協生館 藤原洋記念ホール

詳細が決まりましたらこちらとFBで告知いたしますので
よろしくお願いします。