本サイトは、お使いの端末に最適化されていません。
最新端末でのご利用を推奨いたします。

PROGRAM Detail

October 20, 2017

10:00-10:30基調講演
Open Networking(SDN/NFV)とサービスプロバイダー
株式会社NTTPCコミュニケーションズ
田中 基夫
サービスプロバイダーの立場で、SDN/NFVを中心としたOpen Networking技術が実際にどのように活用されてきたかをお話します。特に最近話題の SD-WAN分野において、市場やユーザーの期待、さらにNTTPC社を初めとする最新サービスの状況ついて、具体的な事例を交えながら詳しくご紹介します。最後に継続的にサービスを提供するうえでのOpen Networking技術のメリットと課題についても言及する予定です。
PROGRAMプログラムページに戻る

October 20, 2017

10:30-11:00特別講演
愉快なソフトウェアネットワーキング
東京大学 情報基盤センター
関谷 勇司
ネットワークの利用用途が多彩化するにつれて、ネットワークやサービスインフラに 求められる利便性や機能性もより高度化、複雑化しています。従来のインフラ構築 手法のみならず、ソフトウェア資源を最大限に活かしたインフラ構築が求められる 時代となっています。このようなソフトウェアネットワーキングの時代における サービスインフラ構築についてその課題と展望を紹介します。
PROGRAMプログラムページに戻る

October 20, 2017

11:15-11:45スポンサーセッション
Transport SDN in disaggregated networks
NTTコミュニケーションズ株式会社
宮田 直輝
NTTコミュニケーションズでは、SDNコントローラを使ってTransport(伝送)NWの動的な統合管理により、リードタイムの短縮、ニーズにあったNWの提供、シンプルなオペレーションの実現を目指しています。
プロプラのコントローラでAll in One タイプの伝送デバイスに対してプロビジョニングすることに成功しており、次のチャレンジとして、伝送デバイスのディスアグリゲーションとオープンソースのSDNコントローラの導入をターゲットとした技術開発を進めており、本セッションではその課題と取り組みについてご紹介します。
PROGRAMプログラムページに戻る

October 20, 2017

11:45-12:15標準化
TIP における光伝送装置の標準化動向
日本電気株式会社
松井 淳一郎
2016年2月に約30社のメンバーにて発足したTelecom Infra Project (TIP) ですが、現在では100社以上のメンバーが参加し、通信システムのオープン化について活発な議論が繰り広げられています。
本講演では、TIP の中でも、光伝送装置のオープン化を議論しているOpen Optical Packet Transport プロジェクトグループの活動について紹介します。
PROGRAMプログラムページに戻る

October 20, 2017

13:30-14:00オープン技術の実装
プログラマブル・データプレーン時代に向けたネットワーク・オペレーション・スタック
ポント・ネットワークス株式会社
CTO 海老澤 健太郎
パケット処理に求められるニーズの多様化や変化のスピードに呼応し、プログラマブルかつ高速処理が可能なスイッチやスマートNIC等のデータプレーン・ハードウェアが登場しました。それにともない、データプレーン・プログラム言語であるP4に対応したプラットフォームが広がりつつあります。これらの技術動向を紹介すると共に、多様なデータプレーンが利用される時代に求められるネットワーク・オペレーション・スタックの実装例として「PontOS/Zebra2」を紹介します。
PROGRAMプログラムページに戻る

October 20, 2017

14:00-14:30スポンサーセッション
SD-WAN/DC統合ソリューション Nuageで何ができるのか?
NOKIA (Nuage Networks)
佐藤 大輔
NOKIAのNuage Networkが提供するSDNソリューションはデータセンタネットワークとエンタープライズネットワークのシームレスな接続とポリシーの一元管理、可視化を実現します。
多くの仮想プラットフォームに対応しており、柔軟なデプロイメントや相互接続性、ネットワーク機能の拡張を提供します。
本セッションではSD-WAN向けのサービスポータルやVNF連携、SD-DC向けのコンテナ連携や可視化機能の拡張など最新のアップデート情報をご紹介します。
PROGRAMプログラムページに戻る

October 20, 2017

14:30-15:00 オープン技術の実装
ブロックチェーンで実現するデータ流通・利活用基盤
~データ活用によるオープンイノベーション加速に向けて~
富士通株式会社
池田 栄次
近年、様々な企業や組織が保有するデジタルデータを相互に活用し、新たな価値創出を目指す動きが加速しています。しかし、ICT環境やデータ取扱いポリシーの異なる多数の組織間で安全かつスムーズにデータを受け渡し、利活用に繋げていくことは容易ではありません。
本講演では、本課題の解決アプローチとして、ブロックチェーンをネットワーク制御に応用したデータ流通技術、及び、それを用いたデータ利活用基盤について紹介します。
PROGRAMプログラムページに戻る

October 20, 2017

15:30-16:00利用
SD-WANの未来予想図
シスコシステムズ合同会社
進藤 資訓
2016年までは話題先行だったSD-WANも、2017年に入ってからは日本でも着実に採用が増えて来ています。とはいえまだまだ米国の方が採用が多いのも事実です。
SD-WANにおける日米の違いは何なのか、日本で求められるSD-WANはどのようなものなのか、など、ここ1年半ほどSD-WANに関わって得られた経験則をみなさんと共有をするとともに、今後のSD-WANを展望したいと思います。
PROGRAMプログラムページに戻る

October 20, 2017

16:00-16:30スポンサーセッション
データモデリング言語 YANG を活用したマルチベンダネットワーク制御
シスコシステムズ合同会社
Management and Orchestration Global SP, APJ
高橋 寛嗣
データモデリング言語 YANG を用いたネットワークのコンフィグレーションや状態データのモデル化は、近年とても注目されています。しかし、実際にデータモデリングを応用したネットワークの管理に関しては、なかなか具体例がありません。
このセッションでは、モデル化の利点を最大限に活用し、容易にマルチベンダネットワークの制御を実現するシスコ NSO を例に取り上げ、データモデリングがネットワーク制御にもたらす利点と今後の動向を、ユースケースを添えて紹介します。
PROGRAMプログラムページに戻る

October 20, 2017

17:45-18:15ユースケース
次世代のIP経路制御で作るサービスチェイニング@ShowNet 2017
Interop 2017 ShowNet NOCメンバー
/NTTコミュニケーションズ株式会社
上野 幸杜
ShowNet 2017では、利用者の要望に応じて必要な機能を組み合わせたサービスを提供可能な”サービスチェイニング”を実現しました。今回実装したサービスチェイニングでは、
1) 多種多様なサービスを収容可能な汎用性、
2) 大規模イベントでの本番使用に耐える可用性、
3) 既存のIP技術の活用による実現性、
の3点をコンセプトとしました。本セッションでは、ShowNet 2017におけるサービスチェイニングの実現を通して得られた知見について解説します。
PROGRAMプログラムページに戻る