本サイトは、お使いの端末に最適化されていません。
最新端末でのご利用を推奨いたします。

PROGRAM Detail

October 19, 2018

10:05-10:35
基調講演
自動運転と通信の融合へ向けた展望
株式会社KDDI総合研究所
大谷 朋広
国内外で、自動運転(Level 3や4)のトライアルが盛んに行われるようになってきている。 Level4の自動運転では、遠隔での監視・制御が不可欠であり、今後、社会実装の検討を 行うに当たっては、通信の役割がますます大きくなる。本講演では、アジア太平洋地域 ITSフォーラム2018福岡のデモンストレーションを紹介しながら、自動運転と通信と の融合の展望について述べる。
PROGRAMプログラムページに戻る
10:35-11:05
特別講演
gVisor によるコンテナのサンドボックス化と Kubernetes の最新動向
Google
田村 芳明
コンテナと Kubernets はアプリケーションのマイクロサービス化には欠かせなくなりました。一方で、コンテナをセキュリティの観点から保護することは、十分に理解されていません。インフラのユーザがアップロードしたコードをどのように実行するか ソースコードにアクセスできないサードパーティのアプリケーションをどうやって実行するか このセッションでは、 Kubernetes Engine で信頼できるワークロードと信頼できないワークロードを実行する時の様々なプラクティス、長所と短所を説明します。さらに gVisor の技術解説に加え、 Kubernetes コミュニティの最新動向を紹介します。
PROGRAMプログラムページに戻る
11:20-11:50
スポンサーセッション1
NTTコミュニケーションズにおけるSDN技術開発の取り組み
NTTコミュニケーションズ株式会社
境 智史
NTTコミュニケーションズはこれまで、データセンタ内に始まり、 データセンタ間、クラウド接続部分におけるSDN化を進めてまいりました。
現在は、Disaggregationやオープンソースを活用した内製開発、 VxF(Virtual Functions)を用いた付加価値提供の検討などをテーマに技術開発に取り組んでおります。
今回はその一端をご紹介させていただければと思います。
PROGRAMプログラムページに戻る
11:50-12:20
OSS活動
P4/Stratum活用に向けたプログラマブルスイッチの実装・検討
日本電信電話株式会社 ネットワークサービスシステム研究所
武井 勇樹
P4は、ネットワーク機器のパケット処理をプログラムすることを目的に開発さ れた言語です。我々は、このP4技術を活用して構築されるOpen Networking Foundation(ONF)のオープンソースプロジェクト「Stratum」に参加し、通信 キャリアにおけるユースケースを示してきた。 本発表では、これまでの検討の中で得られた知見、今後のStartum活用を見据 えたP4スイッチの評価やP4Runtimeの実装・評価についての検討状況を紹介す る。
PROGRAMプログラムページに戻る
13:30-14:00
スポンサーセッション2
ブロックチェーンが加速する「自律分散型」異業種共創
~データ流通・利活用に向けて乗り越えるべきマーケット課題~
富士通株式会社
佐々木 泰芳、池田 栄次
モノやサービスが飽和している現在において、生活者に新たな価値を 提供しようとチャレンジする企業の多くは、「保有するデータの可視化」に 取り組み、「データ活用は1社では限界」という課題認識に至っている。 当社は東京大学 大澤研究室との産学連携、ブロックチェーン、「分散の力」を ベースとした「Virtuora DXデータ流通・利活用サービス」の提供を通じて マーケットにおける課題解決の支援に取り組んでいる。異業種共創の 実例を通じて、その課題をいかに解決しつつあるか、また、さらにその先に 見えてきた本質的な課題を紹介する。
PROGRAMプログラムページに戻る
14:00-14:30
SD-WAN事例
SD-WANとuCPEの導入事例と今後の展望(仮)
NTTコミュニケーションズ株式会社
可児島 隆
これまで海外での導入が先行していたSD-WANですが、日本でも導入する企業が増えてきました。
日本企業やモータースポーツへの導入を通じて見えてきた事、特に要望が多いクラウドサービスへのアクセスを例に取り上げ、SD-WANの導入事例をご紹介します。また、SD-WANと共に普及が進みそうなホワイトボックスやuCPEの話題も取り上げ、今後のSD-WANを展望したいと思います。
PROGRAMプログラムページに戻る
14:40-15:10
スポンサーセッション3
こんなに違うコンテナ・ネットワーキングあれこれ

ヴイエムウェア株式会社
進藤 資訓
コンテナのためのネットワーク機能を実現するための仕様であるContainer Network Interface (CNI) は、Kubernetes が採用したこともあり急激にエコシステムが拡大しています。現在、多数のオープンソースソフトウェアや商用のCNI プライグインが出てきていますが、それらの動作の仕組みはまちまちです。
本セッションでは代表的なCNIプラグインであるFlannel, Canal Project, Canal, NSX-T Container Pluginなどを取り上げ、それぞれの動作概要や特性を解説し、使い所などについて考えて みます。
PROGRAMプログラムページに戻る
15:10-15:40
次世代NW技術
「SRv6 Network Programming – ネットワークシステムの分離と再統合」
Cisco Systems
河野 美也
「分離と統合」は、分散と集中、ボトムアップとトップダウン、専用と汎用などと同様、ネットワークシステムにおける大きなアーキテクチャ指針のひとつである。今の時代を大きく捉えると、「分離」が大きなトレンドになっていると考えられる。SDN/NFVに始まりWhite box SWやOpen Network OSを組み合わせるDis-Aggregation、モバイル・ブロードバンドなど加入者管理系におけるCUPS、無線アクセスにおけるvRANなど。
サービスオーバレイとアンダーレイの分離も、現代のネットワーク設計の主流となっている。サービスは、アンダーレイ技術にとらわれることなく、一方アンダーレイは転送に徹することにより、サービスの柔軟性・迅速性と、アンダーレイのシンプル性・スケーラビリティを獲得する。VXLAN, SD-WAN, MobileのGTP-U tunnelなどは全て、サービスオーバレイ技術である。
本セッションのテーマである SRv6 Network Programming は、SIDに機能や特性を埋め込み、かつ用途に応じてTrafficをSteeringさせることを可能とする。
そこで本セッションでは、SRv6 Networking Programmingの動作と適用例を概観し、これまでのネットワークシステムを分離と再統合という視点から見直し、Digital時代に求められるアーキテクチャを考察することを試みる。
PROGRAMプログラムページに戻る
15:50-15:20
スポンサーセッション4
LiquidMetalで始める新しいラボ環境の使い方

株式会社あくしゅ 代表取締役
山崎 泰宏
近年、クラウドが、ますます環境のソフトウェア化を促進しています。 一方で、ハードウェア必要性がなくなったわけではありません。
クラウドでもハードウェアを意識したベアメタルサービスが登場するなど、ニッチであるがゆえに、効率化を求められる技術領域となっています。 LiquidMetalは、そうしたベアメタルのうち、特にネットワーク機器のプロビジョニングをするもので、ラボ環境の構築に効果を発揮します。
その活用方法をデモムービーを交えながらご紹介いたします。
PROGRAMプログラムページに戻る
16:20-16:50
ネットワークモデリング
「ネットワーク図」のモデル化とモデルを起点にした自動化の可能性
TIS株式会社
萩原 学
ネットワーク図」はネットワークの設計・運用には欠かせないものです。しかし、ソフトウェアで扱える形にするのが難しく、うまく構築・運用自動化の枠組みに取りこめていないという課題があります。そんな中、2018年3月にRFC8345「ネットワークトポロジのデータモデル」が発行されました。本発表では、いくつかの実装例をまじえながら、RFC8345定義されているデータモデルとその特徴は何か、応用としてどういったことができそうなのかを紹介します。
PROGRAMプログラムページに戻る
1700-17:30
スポンサーセッション5
検証テストを自動化せよ!〜NSO と pyATS の組み合わせでここまでできる〜
Cisco Systems
佐々木 俊輔
自動化がビジネスに欠かせないキーワードとなる昨今、ITインフラの中核であるネットワークの自動化は避けて通れないテーマとなってきました。ネットワーク構築・運用のライフサイクル(Plan, Design, Implement, Operate, Optimize) の中で、Design(設計) から Implement(実装) に橋渡しする Validation (検証) は人手も時間もかかる工程で、自動化に積極的に取り組んでいる企業も多いのではないでしょうか? 本セッションでは、シスコの Network Services Orchestraotr (NSO) とテスト自動化フレームワーク pyATS を組み合わせることで、この検証工程をイマドキでモダンなツールで自動化する手法をご紹介します。
PROGRAMプログラムページに戻る
17:30-18:00
ユースケース
オープンソースソフトウェアを活用したホワイトボックススイッチの開発について
KDDI株式会社
鈴木 雄一郎
ホワイトボックススイッチの導入はOTTだけではなく、Telco/キャリア領域まで拡大の兆しが見えている。 例えば、ある海外キャリアにおいては基地局配下に設置するルータとしてホワイトボックススイッチの導入を発表している。 KDDIにおいてもホワイトボックススイッチの導入検討を行っており、評価のためにプロトタイプの開発を進めている。 本講演では現在我々が進めているオープンソースソフトウェアを活用したホワイトボックススイッチの開発について紹介する。
PROGRAMプログラムページに戻る
18:10-18:40
ユースケース
Edge Heavy Computing におけるネットワークの活用と5Gへの期待
株式会社Preferred Networks
浅井 大史
Internet of Things
(IoT)の発展により、多種多様のセンサから得られる大量のデータを処理し、その処理結果に基づき機械などのアクチュエータをリアルタイムに動かす基盤が必要となってきています。Preferred Networksの取り組むEdge Heavy Computingでは、データ処理計算をクラウドなどのインターネット越しの計算機資源からエッジにオフロードすることで画像などの大容量データを用いたリアルタイム制御を実現しています。一方、ディープラーニングのモデル生成(学習)は超高性能な計算機クラスタが必要であり、機械学習基盤においては分散計算のためにネットワークを活用しています。
本講演では、Preferred Networksにおけるネットワークの活用事例と5Gなど今後のネットワーク技術への期待について紹介します。
PROGRAMプログラムページに戻る
18:00-18:30
ユースケース
IP経路制御技術でつくる実践的なサービスチェイニング@ShowNet 2018
Interop Tokyo 2018 ShowNet NOCチームメンバー
中村 遼
毎年6月に開催されるInterop Tokyoにおいて構築される世界最大のデモンストレーションネットワークであるShowNetでは、2012年から、OpenFlowをはじめ様々なSDN/NFV技術を実運用環境で検証してきました。一方2017年は、IP経路制御技術をフル活用してサービスチェイニングを構築しました。 2018年は、2017年に実施したIP経路制御、OSPFとBGPによるサービスチェイニングをさらに発展させ、複数拠点にまたがって、ファンクションを自由な順番で組み合わせられるサービスチェイニングを構築し、ユーザに対して提供しました。 本発表では、ShowNetでSDN/NFVを継続して検証した経験から、なぜ今IP経路制御技術を採用し、どのような設計で、サービスチェイニングの構築と運用を行ったのか、そしてそこから得られた知見について解説します。
PROGRAMプログラムページに戻る